「ゾンビランドサガ リベンジ」 6話 感想 ~ たえ、転がし舟券的中!2000万円問題解決も、新たな重大問題が……?!

©ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

リリィのアドリブでまたまた知名度がアップしたフランシュシュ。第6話はたえがメーンで出てきます。そして、想像もつかない展開が……!

※アイキャッチ画像ならびに本文中の画像は、©ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会様公式HPより引用しています。

スーパー、ダンス、ボート……たえの何気なくない1日

第6話 ストーリーまとめ!

知名度が上がってきたフランシュシュ。意気揚々のメンバーですが、未だ2000万円ある借金を返済しないことには、次なる1手も打ちようがありません。

ということでそれぞれがバイトに向かう中、たえはゆうぎりに頼まれお使いに出ます。芸能記者の大古場はそこに遭遇し、彼女を尾行することに。

たえは万梨阿がバイトするスーパーへ。そこから万梨阿に連れられ、ダンス大会を見学することになりました。ステージに出てきたのは第1期でも出てきたコッコくん。彼がキレのあるダンスを披露する中、そこにたえが乱入!特例で飛び入りが認められたたえは、コッコくんに勝って賞金3万円と玉ねぎ10kgを手に入れました。

コッコくんを発見してこの表情のたえ(笑)
©ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

玉ねぎには反応するものの賞金には無関心なたえ。万梨阿と賞金を押し合っていたら例の警官がやってきて、正しいお金の使い方を指導……ということで一行が赴いたのはボートレースからつ。

そしてそこには、万梨阿の因縁の相手、美沙がいました。第1期のサキとのチキンレース後、暴走族をやめてボートレーサーになっていた美沙。ですが未だ一勝もできておらず、周りからは馬鹿にされている状態でした。

しかし美沙はスタンドにいる万梨阿の姿を見ると発奮!逆転勝利を収めます!そしてたえは、美沙が出した大穴舟券を偶然にゲット!なんとなんと、2000万円の払戻を受けてしまうのです。

これで借金返済だ!と大盛りあがりのフランシュシュの面々。しかし彼女たちの知らないところで大問題が……!大古場はなんと、アクシデントでクビが飛んでしまったたえの写真を撮影していたのです……!

借金返済というチャンスと、トンデモ写真を取られるピンチが同時に訪れたフランシュシュ。
どうなる?!どうする?!
第6話はここで終わります。

参ったのは自分のお墓?未だ謎の多いたえ

第5話の名ゼリフ・迷ゼリフ!

生き返ったゾンビっすねぇ(犬走)

フランシュシュが有名になるにつれ、メンバーが昔いた芸能人そっくり、という噂が広まっていきます。それを茶化してつぶやいたのが、カメラマン犬走のこの一言でした。

大古場はこの言葉を歯牙にもかけませんが、これがCパートへとつながっていきます……!

近道か?(大古場)

たえを見つけた大古場は尾行を開始。この流れの中で、視聴者もあまり知り得なかった情報がいろいろとゲットできます。

たえは何のかんのと地域には馴染んでいて人気者のようです。また、フランシュシュのメンバーとしても予想できない動きがインパクトを与えているのか、注目する人は少ないない様子。

そしてこのセリフが出た墓参りのシーンですが、墓石には「山田家代々之墓」とあります。たえの名前は「山田たえ」。となると、このお墓はもしかして本人の……?!

たえは未だ意識が覚醒しておらず、謎が多いキャラクターです。たえの謎の解明は第2期の大注目点であり、このお墓はその伏線、かもしれません。

馬、では、ないです……(警官)

たえたちをボートレース上に引き込んだ警官。そこで上官から電話がかかり、背後の歓声を聞かれて「馬か?」と聞かれ、苦し紛れに答えたのがこのセリフ。

実は佐賀県には佐賀競馬場という競馬場もあります。ですが地方競馬場なのであまり有名ではありません。そして場所は鳥栖市なので、ボートレースからつがある唐津市とはかなり離れています。唐津の警官がサボって佐賀競馬場まで来てたらびっくりです(笑)

未成年は舟券は買えません!が、見学はできます。
©ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

なお佐賀県には、武雄市に武雄競輪場もあります。そして、作中にも出てきた唐津市のボートレースからつ。佐賀県ギャンブル盛んだな!と思われるかもですが、九州北部は全体的に公営競技場多いんですよね。佐賀が特別ギャンブルが盛ん、というわけではありません。

ネットの発達と、“巣ごもり”の影響で、公営競技場はどこも好調のようです。ネット銀行口座がある成人であれば比較的すぐに始めることもできますが、言うまでもなくたえのような配当を得ることはそうそうありません。ギャンブルは計画的に……。

ボートレースで人生大逆転!でもヤバい写真も撮られてしまった!

リアルなら1億円?!ボートレースからつ!

えー、このブログでは特段書くこともないだろうと思っていたんですが、赤木はボートレースのファンです。本作は佐賀が舞台、と聞いて真っ先にボートレースからつを思い出すぐらいにはボートレースファンです。

まさかまさか、ボートレースからつがアニメに出てくるとは夢にも思わなんだ……(笑)
ここは張り切らざるを得ない!

作中のボートレースからつ、レースコースは本物そのもの!そしてボートレースファン的に感動したのが、発走のファンファーレ!音源からして本物やんけ!スタッフ頑張りすぎやろ(笑

ところで作中、殺女のメンバーは美沙がまだ一勝もできていないと嘆いておりますが、ボートレーサーがデビューしてから初勝利をあげるまでは平均して1年近くかかります。作中の時間軸を考えると、美沙はまだデビューしてそんなに時間が経っていないはず。リアルであれば美沙が未勝利だとしても割と普通なはずですから、実際なら「新人頑張れ」という雰囲気かなと思われます。

そんな美沙は最終ターンで大逆転勝利を収めます!ですが、ボートレースは水の上を走るという性質上、道中の逆転が難しいという特性があります。これはアニメですから……。

と言いたいところですが、↓の動画に出てきてブンブン言ってる峰竜太選手は、アニメ顔負けな大逆転レースを何度も演じる超トップレーサー!この人ならこんなレースも不可能ではない?!

てか峰さん、2億円レーサーなのにこうもアホっぽい企画をノリノリでやるって(笑)
いやむしろ、峰さんだからこそ、こういうコラボもやってくれるのかな?!だから好き!

そして配当!3連単6-2-5は66,670円の払戻だったため、300票(3万円)賭けたたえは2000万飛んで1千円の払戻を受けます!

が、リアルだとすると、多分こんな配当では済まされません。美沙はまだ一勝もできてない若手レーサーで、しかもボートレースでは1番勝率が低い6号艇に乗っていました。この条件なら、配当はもっと高額……「10万舟」(1000倍配当)超えは確実でしょう。

たえは300票持っていますから、もし10万舟なら3000万円、20万舟なら6000万円、34万舟なら1億円!ここはアニメよりリアルのほうがトンデモな数字が期待できるところです!!

競馬やボートレースで、少ない元ネタを繰り返し的中することでビッグな結果を得る手法を「転がし」と言いますが、たえはまさに転がし舟券的中で人生大逆転!という感じです!死んでますけど!

大古場、この写真をどう使う?!フランシュシュはどうなる?!

と、ボートレースネタで埋め尽くしてしまいましたが、アニメの方は大きな動きがありました。たえの6万舟的中により駅スタライブで作った借金2000万円は解消されましたが、Cパートで大古場はトンデモ写真を撮影していたことが分かってしまいました。

第1期から、大古場は純子がきっかけでフランシュシュに熱い眼差しを向けています。そんな大古場は果たしてこの写真をどう使うつもりなのか?

部下の犬走は冗談で「ゾンビ」なんて言っていますが、仮にこの写真を掲載し、ゾンビが云々なんて記事を書いたとしても信じる人はいないはず。むしろ大古場が叩かれ炎上して終わるのがオチです。ただ、よくも悪くも話題になるのは間違いないでしょう。

大古場、この爆弾写真をどう使う?!
©ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

そして何より、フランシュシュの面々や幸太郎はこの事態をまだ把握していません。カードを持っているのは大古場、持っていることを知っているのも大古場、今はそういう状態です。

果たしてこの展開が、フランシュシュにとってどう出るのか?今後を注目したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です