「恋する小惑星」 1話 感想 ~ みらとあお、運命の出会い!

©Quro・芳文社/星咲高校地学部様公式HP

さあ、2020年冬アニメが始まりました。
記念するべき当ブログの1発目の感想記事は、「恋する小惑星(アステロイド)」です。
原作は、芳文社の「まんがタイムきららキャラット」のQuro先生の4コママンガ。
きらら作品というと私の大好きな「ご注文はうさぎですか?」や「きんいろモザイク」など魅力的な作品を連発してきた安定のブランドです。これは非常に期待が持てますね。

※アイキャッチ画像ならびに本文中の画像は、©Quro・芳文社/星咲高校地学部様公式HPより引用しています。

個性豊かな地学部の面々。天体を描く美しい作画は必見!

まずはみらの回想シーンから

アバン部分は回想シーンから。
主人公の木の幡みらは、あおと名乗る男の子と出会います。
星座や天体にとても詳しいあお。みらの名前を聞いてすぐにくじら座の変光星というあたり、ただ者ではありません。
読んでいる本を見る限り、この回想シーンは小学校高学年ぐらいの話でしょうか?

みらの瞳の色は薄いオレンジに紫に近い青と、非常に印象的な色彩です。
©Quro・芳文社/星咲高校地学部

2人で天体を見上げるシーン。
この後の一面に天体が広がるシーンの美しさは必見といえるシーンでした!

個性豊かな地学部の面々!

そしてみらは高校に入学します。きらら作品では入学式のシーンはお約束とも言えるでしょう。

きらら作品を見ていると、毎クールごとに高校に入学している気分になれます(笑)
©Quro・芳文社/星咲高校地学部

高校生になったら天文部に入ろう……と思っていたみらですが、今年から天文部は地質研究会と合併して地学部になっていたとか。大人の事情もあるとのこと……昨年の文化祭の真理部長のバニーガール姿がいけなかった?(笑)

遠藤先生の案内で地学部の門を叩くみら。ここで登場人物の紹介が入ります。

左が天然の部長さん森野真理、右がダブルヒロインの1人、真中あお
©Quro・芳文社/星咲高校地学部
左が生真面目副部長の桜井美景、右が猪瀬舞
©Quro・芳文社/星咲高校地学部

・森野真理⇒3年生、地学部部長。天文班。見た目のふわっとした感じに合わせて天然なキャラ。
・桜井美景⇒3年生、副部長。地質班。かなり真面目な性格で地学のことになると一直線。
・猪瀬舞⇒2年生。地質班。美景の良きサポート役。

そしてみらは、同級生の真中あおと出会います。
実はこの少女が、かつて出会った少年でした。それを聞いてびっくりするみら。まさに運命の出会いです。
しかしあおはクールな感じで、かつていろいろと星のことを教えてくれた少年とはイメージが異なります。この後のシーンで、あおは語彙力のなさで誤解を招く表現をしてしまったためコミュニケーションが苦手になっていったとのこと。

みらと仲良くしたいと思うあお。でもなかなか打ち解けられない……とはいえみらの前でそんな心配は不要。2人は夜、電話で星を見つめながらおしゃべりを続けます。 2人で同じ天体を見上げながら語り合うシーンは、グッと引き込まれるものがありました。直後のあおのニヤけ顔もベリーグッドでしたね!

地学部で作る会報の名前は……?

そして明けて学校のシーン。
地学部はまだできたばかりで活動内容が定まりません。天文班と地質班の活動がバラバラになっていることを気にするみらとあお。2人の発言を聞いた舞は、会報作りを提案します。一気に盛り上がる天文部の面々。それぞれにやりたいことが満載のよう。
ただ困ったのが名前決め。どうしても片方の班の好みに寄ってしまう……

そんな中、あおは美景の石と天に浮かぶ星を見上げ、「KiRAKiRA」という名前を提案。みらにはキラキラネームと言われちょっと微妙な表情をしますが(笑)、原作が掲載されているのがきららキャラットだけにジャストな名前と言えましょう!

こうして地学部は活動をスタートさせるのでした。

あおの変化に期待大!

コミュニケーションが苦手なあお。あの作品を思い出します(笑)

ボリューム満点、語りたいポイントが山のようにある第1話でした。
その中でも赤木が注目したのはダブルヒロインの1人、真中あおです

あおの変化は本作の面白さに直結すると見ました!
©Quro・芳文社/星咲高校地学部

あおは過去の経緯から、口数が少なくコミュニケーションが苦手な設定になっています。
横道にそれますが……彼女の回想シーンを見て2019年春クールの「みだらな青ちゃんは勉強ができない」を思い出してしまいました(笑)名前が同じ!

青姦の青、と紹介されるシーンは衝撃的でした(笑) 青ちゃんかわいい!
© カワハラ恋・講談社/みだらな青ちゃん製作委員会
公式HPより引用

これぞきらら作品の必勝パターン

ですがあおは、みらの底抜けの明るさに惹き寄せられ、急速にみらとの仲を深めていきます。
みらの容姿は青髪にツインテール(おさげ?)というもの。この容姿を見て思い出すのは、2018年10月に放映された「アニマエール!」の有馬ひづめ。彼女も過去の苦い経験から人とコミュニケーションするのを避けていましたが、主人公の鳩谷こはねの明るさを前にして、だんだんと明るさを取り戻していきました。

青髪のダブルヒロインはきらら作品に多く見られるキャラクターデザインです。
その中でも本作の設定に近いかなと思えるのが、こちら「アニマエール!」でした。
©卯花つかさ・芳文社/アニマエール!製作委員会
公式HPより引用

ちょっと訳ありなキャラクターが明るい主人公によって笑顔を見せていく……これはきらら作品では必勝パターンともいえる設定でしょう。本作のあおもそういう展開を見せてくれそうな予感がします。

この先、もっともっと彼女の笑顔を見て行きたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です