「恋する小惑星」 7話 感想 ~ 不安ないの新部長、モンロー先輩不合格、あおの変調……新生地学部、事件いっぱい?

©Quro・芳文社/星咲高校地学部

前回は総集編だったので飛ばして、第7話の感想です。
突然の3年生引退から、いの新部長が誕生することになりました。
ただ、本人は自分はリーダーに向いていないと不安いっぱいのようで……?

※アイキャッチ画像ならびに本文中の画像は、©Quro・芳文社/星咲高校地学部様公式HPならびにTVアニメ「恋する小惑星」公式ツイッター様アカウントより引用しています。

新生地学部発足!そこに外部からイベントの依頼が

不安でいっぱい、新部長のいの先輩

モンロー先輩と美景の突然の引退発表から一夜。
地学部の新体制は、いの先輩が部長、みらが副部長、あおが会計となりました。

でもやっぱり、いの先輩は心の整理がついていないよう。自分には向いていないと美景に泣きつきます。自分のことで精一杯なのに、部のことを考えないといけないなんて……

モンロー先輩は部長になれば部員を手足のように使える、と嬉しそうに言っていますが、いの先輩はそういうタイプではないですもんね。

モンロー先輩のリーダー論に、目が点になる地質班。でも他者に指示・命令するのが得意なのは、実は優れた能力の1つです。
TVアニメ「恋する小惑星」公式ツイッターアカウントより画像引用

そんな地学部に外部からの依頼が。天体観望会を開催するので、子供たちに天体観測を教えて欲しい、というものでした。文化祭での活躍が、地域の人の目に止まったよう。

天体観測なら天文班が中心になるから、いの先輩は気楽な立場で参加できる。ここでイベントを成功させれば、いの先輩の自信につながるかも?

そう考えたみらは、天体観望会を引き受けようと言います。
そしていの先輩も、自分のことを考えてくれた後輩たちの気持ちを汲んで、観測会を引き受けることにしました。

不安いっぱい、新部長のいの先輩。外部のイベントにも最初は尻込みします。
©Quro・芳文社/星咲高校地学部

子供たちは手強い!けど、秘密兵器「お菓子」があれば!

観望会当日。
テキパキと準備をこなすみらとあお。その横であまり出番がなく、申し訳無さそうにするいの先輩。

でも今日は最初から、メインはみらとあお。いの先輩は写真係です。会報のためには大切な役割です!

鈴屋の2人が大活躍!文字数の都合であまり書いてませんが(涙)すずちゃん、毎回いい味出してます!
TVアニメ「恋する小惑星」公式ツイッターアカウントより画像引用

でもいざ子供たちが集まると、大騒ぎして話を聞いてくれません。ますますオロオロするいの先輩。見た感じ幼稚園生のようですから、これも仕方のないことですが……

そこに強力な助っ人が!すずと妹の芽がお菓子を持ってやってきてくれたのです。やはり子供たちを引きつけるなら甘いもの!
鈴屋の2人に助けられ、地学部は観望会をスタートさせました。

始まってみると子供たちも興味津々!
土星を見たり、星座を見たり。
こういう舞台ではみらが大活躍!子供たちをグイグイと引き込んでいきます。

そんな姿を見てホッとしたいの先輩、デジカメを片手に写真を撮っていくのでした。

土星は地球の9個分!子供相手なら、みらの出番です!
©Quro・芳文社/星咲高校地学部

しかしそんな中、1人つまらなさそうにしている女の子が……?
あおが意を決して話しかけると、はるかという名前のその子は、気の合う子もいないし来たくなかった、星を見て何が楽しいのか、とあおに聞きます。

その質問に、あおは答えます。星の光をスペクトル分析すると構成元素や表面温度が分かったり、大昔の宇宙が分かったりすると力説、って、幼稚園生には早すぎるがな!(笑)

星の光はタイムマシン。ロマンチックなあお!

でもそれがよかった。はるかちゃんは、あおのちょっと難しい話に食いついてきます

勢いに押されて、天体の光は地球に届くまでタイムラグがある、土星なら80分、アンドロメダ大銀河ならなんと230万年前、とさらにあおが解説。

それを聞いたはるかちゃん、もっと遠くの星の光を見るとどうなるのか?と聞いてきます。

それに対しあおは、宇宙の最初の頃の姿がみられるかもね、と答えます。星は、興味のない人にはただの光る点。でも線で結べば星座に、遠くを見ればタイムマシンになると説明するあお。とてもいい笑顔です!

きっといつも、そんなことを考えながら星を眺めているのでしょうね。ロマンチック!

ロマンチックなあおの説明が、大人びたはるかちゃんにはちょうどよかった!大人の本気は、子供にはしっかり伝わるものです。
TVアニメ「恋する小惑星」公式ツイッターアカウントより画像引用

はるかちゃんにも、あおのそんな思いが伝わったのか?改めて星を見ようとします。
きっと大人びているから、周りの子が子供っぽい……と感じる子なんでしょうね。そんなはるかちゃんには、大人な説明をするあおがピタリとはまりました。あおもより自信を持ったのか、他の子供たちにもいろいろと教えてあげています。

そんな2人の様子を眺めているいの先輩。
遠藤先生は、そんな彼女に微笑みながら語りかけます。
悩みながら、楽しみながら少しずつ、自分らしい部長を目指していけばいい、と。
いの先輩、その言葉にいい笑顔を向けます!やっぱり遠藤先生、ここ一番でいいこといいますね~!!

でも、いの先輩が撮影した写真は全部手ブレしていてまともに写っておらず……
またしても自信喪失?!

あおの様子が急変!一体なにが?

あおが体調不良……みらのせい?!

翌日、みらはあおを昼食に誘います。
が、あおは体調不良で欠席でした。
前日、あおはお風呂上がりにベランダで星を見ていたのがよくなかった?

これにはみらもいの先輩も動揺!お見舞いに行こうとしますが、なんて言えばいいのか、謝ればいいのかと悩んでいます。謝罪が部長と副部長の初めての共同作業……って、これがかい!

流星群を見ながらあおと電話。でもこのとき、あおには異変が……?
©Quro・芳文社/星咲高校地学部

そんな2人に、すずは「お見舞いは元気にするもの、謝られたって元気にならない!」とアドバイス。さすがパン屋の娘だけあって、すずは作中でもトップクラスのコミュ力の持ち主です。

ですが、そのためのアドバイスが、「女性が選ぶ甘い口説き文句百選」って……?100もあんの……?

すずのお菓子とアドバイスを片手に、あおのマンションにお見舞いに行く2人。
パジャマ姿で髪を下ろしたあおの貴重なショットが!

そんなあおに、みらは甘い口説き文句を呟きますが……あお、ドン引き(笑)みらが寒いセリフを言って、あおがどんなリアクションをするか、あらかじめいの先輩にメモってもらうよう頼んでいたすず。確信犯です(笑)

寒さには強いと言うあお、なぜ風邪を引いたのか?
いの先輩はあおの母親から、長風呂していたようだけど何か考え事をしていたのか?と聞きます。

あおはそれに対し、はぐらかすようにして本のことを考えていた、と言います。小惑星を探した人たちの体験記が載った、貴重な本。みらは興味津々!あおに貸してもらうことになりました。

翌日、復活したあお。
そんな彼女に、いの先輩は「まだまだ頼りない部長と副部長だけど、がんばりますから何かあったら話してくださいね」と言います。

ただ、あおはそんな彼女にちょっと寂しそうな笑みを……?

美景、推薦入試に合格!でもモンロー先輩は……不合格?!

そこにモンロー先輩がやってきて、いの先輩に天体撮影のテクニックが載った本を持ってきてくれました。

シャッタースピードに問題があったのでは?と指摘するモンロー先輩。でもいの先輩の撮影はカメラを全く固定しておらず……そもそも撮り方に問題があったようです(笑)
スマホ撮影ばかりじゃ駄目ですね、と落ち込むいの先輩。モンロー先輩は「無理して新しいことをするより、慣れたやり方の方が良いこともある」とアドバイス。

そこに!ハイテンションの美景が!
なんと推薦入試に合格したとのこと!これはめでたい!
拍手をする後輩3人、美景は嬉しそうにドヤ顔!いいですね~!

するとそこでモンロー先輩が重大発表!
なんと彼女も同じ大学を受験しているとのこと。仲良し2人で同じ学校、いいですねー!
きっとそろそろ合格通知が届いているはず、結果が分かったらメールするわね、と伝えてその日は帰りました。

ですが待てど暮らせど、モンロー先輩から連絡はなかった……

心配する後輩の前で、フラフラと歩くモンロー先輩……これは不合格確定?!
TVアニメ「恋する小惑星」公式ツイッターアカウントより画像引用

これはもしかして……と心配になった後輩3人。3年生の教室の前で張り込みます。
すると案の定、フラフラのモンロー先輩が……これは落ちたってことで確定だと一同で落ち込みます。

美景はそんな3人に「困惑した顔を見せるな」「やれることなんてないんだから、自分たちのことをしっかりやりなさい」とどやしつけますが、落ち込んでいるのは彼女も同じで……後輩と別れると、1人壁に寄りかかってため息をつきました。

新部長として、新しい一歩を踏み出そうとするいの先輩!なにを見せてくれるか、期待です!
TVアニメ「恋する小惑星」公式ツイッターアカウントより画像引用

後輩たちはなおも落ち込んでいます。

ですがそのとき、いの先輩は夏の合宿で撮影した写真に「地学オリンピック」とあるのを見て、何かを思いつきます。
「これは独り立ちするための、部長としての第一歩!」と決意し、遠藤先生に参加したいと申し出るのでした。

第7話はここで終わります。

あおに、モンロー先輩に異変?!どうなる?

あおの様子が明らかにおかしい!

いろいろと気にかかることがてんこ盛りな第7話でした。

なによりまず、あおの様子がおかしい
普段からそこまで表情豊か、という彼女ではありませんが、みらや地学部員の前ではいつも笑顔を浮かべていました。

でも第7話の中盤、母親に何かの話をされてから、明らかに寂しそうな様子を見せています。

ここですね、このシーンから先、あおの様子がおかしくなりました。
TVアニメ「恋する小惑星」公式ツイッターアカウントより画像引用

気になるシーンを振り返ってみます。

  • みらと電話で話す直前、母親に話があると呼ばれていました。この話が重要なポイントと思われます。
  • みらと電話で話した日、彼女はなにかを考え込んで長風呂をしていました。なにを考えていた?
  • みらといの先輩が来た際、彼女はなにかを隠したように見えたけど、なにを隠した?
  • 2人が見舞いから帰る際、彼女がドアの前で佇むカットが。
  • いの先輩が「なんでも言って」と言った際も、ちょっと困ったような表情を見せています。
  • ラストシーン、小惑星の話で盛り上がるみらを寂しそうに見つめるあおの顔が……

とにかく気になる!なにがあったのかメチャクチャ気になる!
これはよくあるパターンだと、転校とか留学とかですが……
とにかく次回を待ちましょう。

高難度化する大学受験。モンロー先輩、再チャレンジだ!

気にかかると言えば、モンロー先輩の大学不合格も気にかかるところ

美景と同じ大学を受験していて、しかも美景は推薦合格したのにモンロー先輩は不合格とは……きらら作品ではあまり見られない、暗い展開です。

高校3年生の秋は、受験勉強を頑張っている人ほどナーバスになる時期です。やることはやってるけど、本当に合格できるのか、と……

そういうときに友達の話を聞いていても心にさざ波が立つもの。ましてや、一番の友人が合格して自分が不合格となればなおさらです。

実は難易度が増している昨今の大学入試。そこに一発合格した美景は、優秀なんですね。思えば、第5話でもスラスラと英語で会話をしていました。
TVアニメ「恋する小惑星」公式ツイッターアカウントより画像引用

これはリアルの話ですが、最近の大学受験は、都市部に関しては難易度を増しています
なぜなら、首都圏への人口一極集中を避けるため、定員を越えて入学させるのはNG、越えた場合は補助金を減らすよ、という文部科学省の通達があったため、首都圏の大学は合格者を絞っています。その結果、合格しづらくなっているのです。

そのため、「この生徒ならこの大学は受かるだろう」と先生や予備校講師の、過去の経験に基づく予想が通用しなくなっているようです。
さらに来年度入試からは新方式での試験になるため、傾向が読めません。

30代以上で、大学入試なんてはるか昔……みたいな人は、当時の常識は通用しないと思ったほうがいいでしょう。高校生や大学生と接する時は、過去の知識で語らないよう、ちょっと注意が必要かもしれません。

とはいえ、美景の言う通り大学受験はまだチャンスがある
推薦で落ちたけど筆記で受かった、みたいな話はたくさんあります。

ましてやモンロー先輩の場合、美景と同じ大学に行くという大きな目標があります。宇宙飛行士を志望するなら、こんなところでつまづけない!頑張って、モンロー先輩!!

天体撮影、それは「底なし沼」だ

第7話では、いの先輩が夜間の撮影に失敗したエピソードが出てきます。

私は最近カメラに興味があって、いろいろ調べていたりします。
そんな私から見ても、Aパートのいの先輩は「こんな機材と撮影で大丈夫か?」と思っていたら……案の定。
本作、細かいところにも結構厳しいですねぇ。

暗い場所で写真を撮ったら失敗した……という経験は誰にでもあるもの。
夜間の撮影というのはテクニックと機材がモノをいう世界です。露出、絞り、シャッタースピード……気をつけるポイントがいっぱい。さまざまなことに気を配り、それに応じた設定・撮影を変更しなければなりません。

ちなみにこの辺の用語は作中の雑誌に付箋で記入されていました。天体や地学のことになるとガチな本作、さすがです。

暗所の撮影は、絞りを開放してシャッタースピードを遅くするのが重要。でも小型のデジカメだとそうした設定もあまりできません。しかしそれに気づいてしまうと、天体撮影沼の入口に立ってしまうことに……(爆)
TVアニメ「恋する小惑星」公式ツイッターアカウントより画像引用

高額なカメラほど、もともとの性能が高く暗所でも撮影しやすい上に、高度な設定も可能なので、暗くてもきれいな写真が撮影できます。

カメラの世界では、天体撮影というのは1つのカテゴリーを形成しています。
なんと!天体撮影に特化したカメラというのも発売されているんです。
カメラと言えば有名なのはCanonとNikonですが、双方から天体撮影専用のカメラがリリースされています。

Canon EOS Ra
Nikon D810A

ちなみにお値段は、どちらも30万円近くします。通常モデルより10万円以上高額なのです。

しかもこれはボディのみ。レンズが入っていません。レンズも本格的に揃えようとすると、同じぐらいの値段です(爆)
さらにさらに、周辺機材もバカになりません。大型の機材を支える三脚も、数万円、下手すりゃ10万円するものまであります。
ちょっと本格的に天体撮影をしようとすると、あっという間に30万から50万円が吹っ飛んでいくという、恐ろしい世界です。

でももっと恐ろしいのは人間の慣れ
10万円以上の機材を眺めていると、数万円のものが「安い」とか思うようになります。
カメラの世界では「2万円以下は実質無料」とか謎のワードもありますからね……怖い怖い(笑)

それでも趣味で、高額な機材を揃えて楽しんでいる人がいるのも事実。
ハマってしまう人にとっては、奥が深く楽しい世界なのです。散財もまた、楽しみの1つ?

足を踏み入れる際は自己責任でお願いします(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です