「球詠」 4話 感想 ~ 新越谷、初陣!そこで得たバッテリーの絆

©マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部

メンバーも揃いユニフォームもできた新越谷高校女子野球部、いよいよ初陣です!

相手は強豪の柳川大附属川越。そこにはかなりすごいピッチャーがいるようですが、さて、試合はどうなる?!

※アイキャッチ画像ならびに本文中の画像は、©マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部様公式HPならびにTVアニメ『球詠』(たまよみ)公式様Twitterアカウントより引用しています。

強豪相手に、新越谷野球部奮闘!

第4話のストーリーまとめ!

打順も決まり、円陣も組んで気合充分の新越谷!ところで相手の柳大川越は、先発に噂の朝倉ではなく、左のサイドスローの大野を持ってきました。背番号1を背負った自称真のエース大野ですが、新越谷を格下と見下しています。

新越谷はナメてかかった大野を強襲!1番の希が強烈な右中間を破る3塁打を放つと、2番の菫が外野に犠牲フライ、これで先制!大野は動揺し、続く3番の珠姫に死球。続く4番、キャプテンの怜はセンター前。さらに5番の稜は詰まった当たりながらもレフト前ヒット!2人が帰り、3点目!新越谷、相手の立ち上がりを一気に攻めました!

しかし、勢いに乗った稜の盗塁は失敗。相手キャッチャー、浅井の肩は相当なもののようです。さらに浅井は大野を一喝。大野はこれで調子を取り戻し、続く理沙は打ち取られてしまいます。

詠深のキレのいい直球と鋭い変化球の前に、強豪の柳大川越打線も攻めあぐねます。詠深、ナイスピッチ!
TVアニメ『球詠』(たまよみ)公式Twitterアカウントより引用

さあ、次は詠深の出番です!エースナンバーを背負い胸を踊らせた詠深、ストレートで追い込んだ後必殺カーブで三振!実績ある相手打線ですが、この球には大いに戸惑い警戒心を引き出すのに役立ちました。続く2番、3番を凡打に打ち取り、マウンドで笑顔を浮かべる詠深!

しかし、やはりそう簡単にはいきません。
2回以降、気を引き締め直した大野から点を取れない新越谷打線。逆に4回裏、安打で出したランナーにプレッシャーを感じすぎた詠深は力が入りすぎ、1、2塁のピンチに。ここで珠姫はあのカーブを要求します。しかし、中学時代にカーブを捕逸され失点を許した記憶が蘇ってしまった詠深は腕が緩み、点を許してしまいます。

ここで珠姫がタイムを要求。そして詠深に変化球をそらさない!と断言!さらに内野陣も、詠深に声をかけてリラックスを促します。これで詠深が復活!カーブで三振、さらに希の懸命なプレーも出て、これ以上の失点を防ぎました!

しかし……5回表は不運な当たりが多く0点。さらに5回表、柳大川越に3ランホームランが出て、逆転されてしまいます。女子野球は7イニングスまで。あと2イニングスで逆転しなければなりません。

そんな状況で、柳大川越は投手交代。なんと、遅刻してきたあの朝倉がマウンドに立ちます。速球を主体にする本格派の朝倉を前に、4番の怜も手に足も出ません。

怜も全国レベルと言う朝倉、彼女を攻略しなければ新越谷の勝ちはありません。しかし、詠深は朝倉のすさまじいストレートを前に、高校野球ってすごい!と目を輝かせます!気合が入った詠深は6回裏を無失点に抑えました。

そして迎える最終回、7回表。先頭打者の詠深はストレートどころかスプリットまで使ってくる朝倉相手に三振。続く白菊も三振に倒れ、あっという間に2アウトに。

最終回の7回2アウト、息吹に打席が回るも本人はプレッシャ……しかしここで、芳乃の奇策、いや名采配が?!
TVアニメ『球詠』(たまよみ)公式Twitterアカウントより引用

あとは素人の息吹のみ……これはゲームセット?しかしここで芳乃が息吹を左打席に立たせる奇策に出ます。息吹は野球選手のモノマネが上手いとはいえ、いきなりの左打席、しかも相手はものすごい速球の朝倉……ですが!選球眼もいい息吹は思った以上に粘ります。その結果、振り逃げをゲット!息吹は苦笑しますが、何にせよこれで希に打席を回しました!

ギアを上げた朝倉の変化球に食らいつく希。スプリットをうまくカットしていきます。そして希は、目で朝倉にストレートを要求!これに応えた朝倉はストレートを投げました!それをフルスイングした希、ボールは外野へ!しかし……安打には至らず。右飛に倒れ、これでゲームセット。新越谷高校の初陣は黒星となってしまいました。

しかし新チームでの初試合を思いっきり楽しめた詠深は満足げ。朝倉にも変化球を褒められ、やる気MAX!になったところで、第4話は終了します。

理沙、希、そして珠姫……初試合に思いさまざま

第4話の名ゼリフ・迷ゼリフ!

私たちにとっても、始めての試合だもの!(理沙)

詠深をバックアップした理沙が、怜と目を合わせて心でつぶやいたセリフです。1年生にとっては当然初めての練習試合。しかし、実は2年生の理沙と怜にとっても、試合は初めてだったのです。

新越谷の野球部は、昨年暴力事件があり活動停止となってしまった。どの時点で活動停止になったかは分かりませんが、もし夏の大会前で3年生がまだ引退するより以前だとしたら、1年生だった理沙たちが試合に出ることは難しかったでしょう。こういうチームだと、年功序列的に上級生優先、という風土がありますからね。

そんな初めての試合で、怜は打点を挙げ、理沙は好捕を見せました。ハツラツとしたプレーを見せる上級生に、1年生たちの士気もグッと上がったに違いありません!!

1人で背負わないでね!(珠姫)

4回表、失点した詠深に対し声をかけた珠姫。珠姫は失点したことを怒っていたわけではありません。詠深が変化球を投げる腕を鈍らせたことに怒っていました。その際の最後に出たセリフが、これです。

マウンドで独り相撲する詠深に向かってはっきりと物申す珠姫。しかしそれも、彼女を信頼し、信頼してもらいたいからこそでした。
TVアニメ『球詠』(たまよみ)公式Twitterアカウントより引用

試合の重大なポイントとなったこのシーンについては、考察パートで詳しく見ていくことにします。

直球勝負して!(希)

本格派投手の朝倉は、直球を活かす変化球であるスプリットも持ち球にしていました。あんな勢いある直球に加えてスプリットまで持ってたらそら打てん!

ですが、希はスプリットに対してはバットがついていきます。そんな彼女が朝倉に対し、目で訴えかけたのがこのセリフ。彼女の本気の直球を見たい、打ちたいという気持ちが全面に出たセリフでした。

注目したいのは、このセリフ(心の叫び?)のあとの彼女の表情です。希の気持ちを感じ取った朝倉は、彼女の希望通り直球を投げ込みます。それを見た希は、ニヤッと笑ってバットをフルスイングしているんですね。

ビュンビュンと快速球を投げ込む柳大川越の朝倉。クールな性格とのギャップも含め、敵ながら気になるキャラクターです。希との対決をまた見てみたい!
©マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部

希はクールなキャラ……というより感情に乏しい感じで、喜怒哀楽の変化が少なめです。そういえば第3話で登場以降、彼女が笑ったシーンを見たことがありませんでした。

そんな希が初めて見せた笑顔が、豪速球の前だとは。そして直球を投げ込んだ朝倉も、直球を要求した強打者の希に対しニヤリと笑っています。もしかして2人は似た者同士?かなりインパクトのある表情でした。

しかし結果として、希は朝倉の直球をヒットすることはできませんでした。左手のしびれを見ながらうつむく希。野球どころ福岡出身の彼女ですが、いい選手は全国にいくらでもいると思ったことでしょう。

朝倉との出会いが、希のさらなる成長につながることを祈ります!

詠深と珠姫、試合を通じて得た絆

負けてしまったけど、得るものは大きかった

全く関係ありませんが、2020年冬クールでやっていた「恋する小惑星」は川越が舞台でした。で、本作の舞台は越谷。そして出てきたライバルチームが川越の学校……きらら、埼玉好きやな!OPで出てくる野球場も大宮球場ですし。埼玉県は(場所によりますが)東京から近くて生活費も安い。漫画家の皆様、埼玉県住みの人多いんでしょうか?

さて、初陣となった新川越。結果は惜しくも負けてしまいましたが、得るものもありました。それは試合経験であり、バッテリーの信頼関係です。

詠深、新チームで初先発!しかしそこで、彼女は1人でなんとかしようと悪い方向へ考えてしまいます。
©マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部

4回表、珠姫はランナーを出してから苦しみます。これ以上ランナーを出せない、と思うとさらにランナーが出て、なんとか抑えないと、と思った結果変化球が甘く入り、1点を取られてしまいました。

変化球が甘く入った最大の理由は、詠深のトラウマにありました。詠深の脳裏には、中学時代にあの変化球を投げてキャッチャーが取れず、失点した記憶が強く刻まれてしまっています。さらにその後、キャッチャーが自分の能力を棚に上げて詠深を責めるというおまけまで。

そうした記憶がある詠深は、ここ1番で腕の振りが鈍ってしまったのです。こうしたピッチャーの心理状態は、実際の野球でも見られるリアルなものです。

そうした詠深の心中を見抜き、珠姫は「私に遠慮してるの?」と言って喝を入れました。あの変化球があれば負けない。だからしっかり投げろ、と。さらに独り相撲している投手はえてしてバックのことを考えず、自分でなんとかしなければと思いがち。

野球はピッチャーは1人じゃない!

しかし今の詠深には頼もしいチームメイトがいる。そのチームメイトたちを信頼しろ!という意味を込めて、珠姫は「1人で背負わないでね!」という声をかけました。

詠深はその言葉に応え、腕をしっかり振って変化球で三振!さらにバックの守りにも助けられ、追加点を防ぐことができました。ピンチの場面でも珠姫ならば変化球を投げていい、このバックが守っているなら打たせて取ればいい。詠深に新しい体験が加わった瞬間だったといえましょう。

野球は1人でやってるわけじゃない!改めて絆を確認した詠深と珠姫。この経験を生かして頑張れ!
©マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部

逆に珠姫の視点で見てみましょう。セリフ解説パートでは「怒った珠姫が」と書きました。でも珠姫の本心は怒る、というより悲しいとか悔しいとか、そういう気持ちの方が大きかったのではないでしょうか。

詠深と再会することで野球を続けることになった珠姫。その気持ちを大きく動かした球があの変化球でした。なのに1番肝心な場面でその球を放ってくれないのでは、自分は信用されていないのかと思っても仕方ありません。そして逆に、変化球を使って打ち取った後は珠姫はとてもいい笑顔を見せています。

試合には負けてしまった新越谷野球部。しかしここでバッテリーの絆を確かめることができ、かつチームとして乗り越えていく経験もできた。大きなものを得ることができた初陣でした!

とはいえ、次回のタイトルは「連敗街道」……?まだまだ試練が続きそう。頑張れ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です